「スキンが食するジェリー_」、成果って素材って?

松田聖子さんのCMでおなじみの赤いジェリー 。アスタリフトコスメティックの「ジェリー アクアリスタ」。
プルンプルンとした赤いジェリーが直感のコスメティック。
では、具体的にはどういう材質で、どういう効果があるのでしょうか?
●赤いジェリー、コントラストの正体は?
「リコピンとアスタキサンチン」。これらは美に効果がある材質ですが、リコピンってアスタキサンチンを併せることにより、リコピンがアスタキサンチンの効力を3倍に上げるとのことです。がんらい美に効果がある、それぞれの材質がタッグを組むことにより、さらに張り・うるおいの美肌効力が!
●方種別ナノセラミドって?
置き場階層細胞にモイスチャーをためるキャパシティーがあり、保湿効力に優れています。ストレート置き場階層細胞にはたらくことにより、お表皮のモイスチャーを受領。それにより、張り・うるおいがあるプルプルのお表皮へと導きます。
●どうジェリー状?
張り・うるおいをキープするために大切な、方種別ナノセラミドをじっと合成するため。プルプルのジェリーは、様式が崩れても、期間をおくと元に返るほどの弾性。様式が元に帰るのは、方種別ナノセラミドがとことん含まれているからなのです。
「ジェリー アクアリスタ」、ドライが凄い瞬間には、もう一度活躍してくれそうですね。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です